NANA色の風~九州から(全肥商連九州掲示板)



カテゴリ:[ 連絡掲示板 ] キーワード: 農業 肥料 九州


新着順:1/207
記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》


[231] Re: 全肥商連賀詞交歓会

投稿者: 管理人 投稿日:2018年 2月 6日(火)14時44分33秒 ntkmmt067222.kmmt.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp  通報   返信・引用   編集済 > No.229[元記事へ]

  賀詞交歓会については、「肥料ビジネス拡大へ、新年賀詞交歓会で方向性確認」という見出しのもと、主催者あいさつ、来賓祝辞のいくつかが紹介されていました。

 全肥商連山森章二新会長の主催者あいさつ
 「肥料業界は一昨年、昨年と原料価格の値下げ幅を大幅に上回る製品価格の下落に直面しており、とくに商系メーカーは製品の再生産も危惧されるほど厳しい状況にある」「施肥技術など持てる力をもう一度見つめ直し、さまざまな分野との連携を通じて力を発揮していくことが大切」

 来賓祝辞・石破茂衆院議員
 「国会議員は現場と行政をつなぐことが仕事で、自民党には若くて優秀な議員が多い。政治家は使うもの。皆さんと力を合わせて霞が関行政も一緒になり、立場は違っても"この国を次の世代に残すという思いを共有させてほしい"と願っている」

  〃  ・宮路拓馬衆院議員
 「今年は明治維新150年。維新前の日本は極東の島国にすぎなかったが、近代国家への道を歩んで欧米列強に伍するまでの国になった。われわれにはそれだけの底力がある。厳しい情勢をしっかり認識した上で打つべき手を打っていこう」

  〃  ・和田よしあき衆院議員
 「米国政府の長期予測によると、82年後2100年の世界人口は現在の1.5倍増になる。日本は2020年までに食料自給率を現在の37%から40%に増やす目標を立てているが、その先の目標は未定だ。しかし世界の人口増を鑑みると、もっと引き上げる必要性は明白で、日本国内の肥料ビジネスも拡大の余地がある。食料自給率を引き上げていく動きをしっかり築いていきたい」

 農水省生産局の枝元真徹局長、経産省製造産業局素材産業課の湯本啓市課長による来賓あいさつに続いて、全複工の松田年郎会長(=日本肥料㈱社長、本社・大阪府和泉市)の発声で乾杯。新年のスタートを祝った。

 最後に上杉登会長代行が登壇し、施肥技術講習会テキスト「土と施肥の新知識」の著者・渡辺和彦氏、後藤逸男氏、小川吉雄氏、六本木和夫氏を紹介。「同書が中国語で翻訳される可能性がある」ことを明らかにされたそうです。


新着順:1/207
記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.