NANA色の風~九州から(全肥商連九州掲示板)



カテゴリ:[ 連絡掲示板 ] キーワード: 農業 肥料 九州


新着順:9/248


[272] 無人ヘリ散布、株元到達が不十分

投稿者: 管理人 投稿日:2020年 9月21日(月)17時33分24秒 M014012073065.v4.enabler.ne.jp  通報   返信・引用

 水稲のウンカ被害、当地でもツボ枯れが散見されるようになりました。そんな中、以前からちょっと気になっていたことがあったので書いてみます。

 農研機構HPに「無人ヘリ散布時の薬液落下分散とイネウンカ類に対する防除効果」という研究成果情報があります。
 「無人ヘリ防除では、株元への薬剤散布液の到達量は草冠部より少ないが、セジロウンカ、トビイロウンカに対する防除効果が認められる」と要約されていて、一見して何の問題もないように思えます。
 しかし、添付されている表「薬液落下調査ろ紙に付着したブプロフェジン量の差異」を見ると、株元への薬剤到達量の少なさに驚かされます。
 そして、この記事の最終行は「株元へのブプロフェジンの到達が不十分」としながらも、続けて「にもかかわらずイネウンカ類に対する防除効果が認められた」という疑問符を付けざるを得ないような文章で結ばれています。
 このモヤッと感を、この記事の元となっている研究論文「無人ヘリによるイネウンカ類の防除:大分県における事例」(2007)を参考にして整理してみると、次のようになるのではないでしょうか。
 ①、無人ヘリ防除では、株元への薬剤散布液の到達量は不十分
 ②、可能性として、水面に落下したブプロフェジンが毛細管現象等で株元へ到達して効果を発揮したことが考えられる
 これは、ブプロフェジン(商品名:アプロード)以外の農薬を無人ヘリで散布しても効果がない、と言っているのと同じように聞こえました。
 そして、もし無人ヘリで株元への薬剤到達量が不十分だということならば、今はやりのドローンでも同様に不十分なのではないかとの疑問も湧いてきます。

 現状では殆どの稲作農家が、本田防除を無人ヘリに頼っています。この研究成果に、農家や農業関係者の関心が向かないのが不思議です。
 ウンカに対するブプロフェジンの効果が当初よりは何割か落ちていると言われている現状も鑑み、ブプロフェジン以外のウンカに効果があるとされる薬剤を無人ヘリやドローンによって散布した場合の効果について、研究成果を発表してもらいたいと切に願っています。

http://www.naro.affrc.go.jp/org/karc/seika/kyushu_seika/2007/2007279.html?fbclid=IwAR30oekY9zQ27sJ46Omj9GOPg6XhoilBNlwsUm732od7a6UJEKUsyr2CtXw


新着順:9/248


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.